望まぬ不死の冒険者の主なキャラクター・登場人物

 

望まぬ不死の冒険者の主な登場人物を簡単に紹介します。

ちなみに、この漫画に出てくる女性はみんなかわいいですね。 

 

ロレーヌ・ヴィヴィエ

 

 

街から少し離れた場所に住み、魔物や魔法など迷宮に関するあらゆる事について研究をしている女性。 魔法を使える他にも鑑定技能士資格も持っており、レントが迷宮で手に入れた戦利品などを鑑定してくれる。 ロールプレイングゲームでいうとビショップみたいなものか。

ものすごい美人。 レントとは古くからの知り合いらしい。

レントが人間の身体を失ってしまった今では一番頼りにしている人物。 寝泊まりは彼女の家でしている。 そのかわり、レントは彼女に迷宮で得た魔物に関する情報や素材を提供している。

 

シェイラ・イバルス

 

ギルドの受付嬢。

レントが人間だった頃、彼はギルド内での評判がとても良かったのでシェイラはレントに対して好印象を持っていたのだが、レントが帰って来なくなってしまったので心配し悲しんでいた。

ところが、レントが人間ではない姿で久しぶりにギルドに戻って来た時、彼は別の者として新しくギルドに登録するつもりだったのに、うっかり名前をレントと書いてしまったのでほぼ正体がバレてしまった。

 

リナ・ルパージュ

 

 

水月の迷宮内でスケルトン相手に苦戦していたところをレントに助けられた。 その時レントの姿はグール(屍食鬼)だったのだが、レントはなんとか敵意がないことを彼女に分かってもらい、彼女に服や仮面を買ってきてもらった。 心優しい女の子である。

後日、レントはリナという女性を探している騎士に出会う。 その騎士はリナの兄だという事なのだが、彼が探していた女性は「リナ・ルパージュ」ではなく「リナ・ローグ」だったので、それがあのリナの事なのかはまだ分からない。

 

クロープ

 

鍛冶屋「三叉の銛」の鍛冶職人。 かなり腕がいいらしく、気力・魔力・聖気の全部を使うレントのために特別な剣を作ってくれる。

 

人間ではなくなったレントは別人のふりをして鍛冶屋に来るのだが、すぐ下に書いたルカ同様、クロープもレントの身に何かがあったことに気づいている。

 

ルカ(鍛冶屋の女の子)

 

鍛冶屋「三叉の銛」で働く娘。

レントは魔物の体になってしまったので別人のふりをして鍛冶屋に現れるが、ルカは雰囲気ですぐにあのレントだと気づいた。

レントが鍛冶屋から帰る時、レントに大変なことが起きたことを察して泣いていた。 この子も心が優しい。

 

ロリス・カリエッロ

 

レストランの店主。

人通りのない場所に店を構えてしまったため借金を作ってしまい、金に困って迷宮に金を稼ぎに来ていたのだが、剣術の心得がないためスケルトン相手に手こずっていたところをレントに助けられた。 

ロリスの店でレントがいつでもただで飲み食い出来るという条件と引き換えに、レントから大きな魔石をもらって借金問題を解決してもらった。

 

ライズとローラ

 

レントが銅級昇格試験を受けた時にパーティーを組んだ若者。 ライズは男で剣士。 ローラは女で魔術師。 年齢は2人とも16歳ぐらい。

レントが仮面を着けているので初めはレントのことを怪しむが、レントが経験豊富な冒険者である事がだんだん分かってきて、素直にレントの言うことを聞くようになる。

試験終了後、2人はレントと握手して別れるがいずれ再会すると思われる。

 

アカシアの地図をくれた女性

 

名前や年齢などは不明。 女性と言っても人間の女性ではなく、耳がとがっているのでたぶんエルフの女性。

 

最初、レントの事を彼女の家に入った泥棒だと思い、魔法を使って殺そうとする。 しかし、レントが転移魔法陣でやって来たことを知ると泥棒ではないことを理解して助けてくれた。

そして、泥棒と間違えてしまったおわびにアカシアの地図と高性能なローブをくれた。 ロレーヌに鑑定してもらったところ、どちらもすごい品らしく、特にアカシアの地図は国宝レベルとのこと。

 

好きな漫画を無料で読む方法はこちらです