望まぬ不死の冒険者7話を無料で読んだあらすじ・ネタバレ

 

eBookJapanからスマホアプリをダウンロードすれば好きな漫画が無料で立ち読み出来ますから試してみてくださいね。

 

 

7話 衝動

 

見事にジャイアントスケルトンを倒したレントはロリスのもとに駆け寄る。

ロリスは生きていた。 ジャイアントスケルトンを倒したことを伝えるとロリスは安心した。

レントは聖気を使ってロリスを治療し始めた。 

これはイメージです

 

「あんな大物倒しちまうし、治療の技まで使える… あんた一体何者なんだ?」と不思議がるロリス。 レントは「さあな」とだけ答える。

治療を終えると、レントは人の頭ぐらいの大きさの魔石をロリスに見せた。 ジャイアントスケルトンが持っていた魔石だ。

これはイメージです

 

レントは言う「もちろん、ただでやるつもりはない お前がどういう人間か確認させてもらう」と。

 

地上に戻るとロリスの妻のイサベルがロリスに抱きついてきた。 ロリスの無事が相当嬉しかったようだ。

3人はロリスの店に行って話をすることに。 ロリスは店を路地に構えてしまったために借金を作ってしまったということだ。

レントはこれでロリスがどういう人間か確認する事が出来た。 ロリスが金に困っているというのは本当らしいし、迷宮から戻る道中で魔石を盗んで逃げるということもしなかった。

レントはロリスに魔石をあげることにした。 ただし、「レントが迷宮で得た戦利品のギルドへの受け渡しなどをロリスに代わりにやってもらう」、「ロリスの店でいつでもただで飲み食いできる」この2つの条件と引き換えに。

ロリスはそんな事でいいのかよと泣いて喜んだ。

 

レントはロリスたち夫婦と別れると、こんな事を考えていた。

「ロリスが善人だったのは残念だ。 クズ人間だったら罪の意識もなく喰えたのに。」

えっ!!! 

「人間を喰うだなんて、俺は人間だぞ」 「でも今は魔物じゃないか」「ロリスもイサベルもうまそうだった あのまま喰えばよかったのに」「ジャイアントスケルトンを倒してから何かおかしい」

 

おかしな事を考えるようになってしまったレント。 レントの中で何かが変化してしまったらしい。 新たな進化の前ぶれなのだろうか。

レントはロレーヌに会えば何か対策が分かるかもしれないと思ったが、今度は「ロレーヌを喰え」という感情が湧き上がってきた。

 

ロレーヌは家で存在進化について研究していた。 すると、誰かにふいに後ろから抱きつかれた。 狼狽するロレーヌ。

ロレーヌが振り向くと、それはレントだった。

レントは「ロレーヌ お前がほしい」と言うと、ロレーヌを床に押し倒し、ロレーヌの肩に噛み付いた。 血がほとばしった。

「血だ 血だ うまい こんなモノが世の中にあったのか」と、ロレーヌの血を味わうレント。 

一体レントに何が起こったのか?

続きは8話のあらすじ・ネタバレ

 

好きな漫画が無料で読める方法はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*